大阪「リッチドールパートⅡ」ヘルスの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Syoukeiです。

日の出からOPENのヘルスの草分け、関西なら誰でも知っているお店「リッチドールパートⅡ」を開拓して来ました。

実際に、体験してみてどうだったのか?

早速、始めて行きましょう。

リッチドールパートⅡ梅田店とは

90年代初頭大阪府下の特殊浴場即ちソープランドの経営が風営法で禁じられ、兎我野町に数軒あったソープランドが売りに出された時にリッチドールグループがその中の一軒を買い取り、マット付きヘルスをオープンさせたのがこのパートⅡ梅田店です。

リッチドール1号店は大阪万博の年に出来たと聞いた事があります。

バスルーム付き店舗型ファッションヘルスのハシリです。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

リッチドールパートⅡ梅田店の場所

大阪府大阪市北区曽根崎1-7-5

地下鉄東梅田駅から徒歩約7分、
JR東西線北新地駅から徒歩約8分

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

リッチドールパートⅡの営業時間、料金、予約方法

営業時間

6:01〜23:59

料金

6:01~10:00 (早朝営業)

  • 30分 9,000円 (割引適応外)
  • 40分 11,000円 (ローション)
  • 40分 11,000円 (ベッド)
  • 55分 16,000円
  • 70分 20,000円
  • 90分 26,000円

10:00~23:59 (通常営業)

  • 30分 11,000円 (割引適応外)
  • 40分 13,000円 (ローション)
  • 40分 13,000円 (ベッド)
  • 55分 18,000円
  • 70分 23,000円
  • 90分 29,000円

指名料 1,000円

特別指名料 ☆1個につき1,000円

完全前金制

予約方法

電話:06-6367-0053

Web予約

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

リッチドールパートⅡの嬢のレベル、おすすめ嬢

女性のレベルは本当にピンきりです。

年齢も幅広いです。

個人的には今回紹介するあず嬢と最近全く予約取れないほまれ嬢がルックスツートップだと思っています。

リッチドールパートⅡ梅田店のおすすめ嬢

  • まりん
  • りか
  • ほまれ
  • ゆりあ
  • あげは
  • こまち
  • あん
  • しの
  • ここ
  • える
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

リッチドールパートⅡ梅田店の基盤(本番)情報

口コミでは昔は有ったとの書き込みが有りますが、店舗型で本番強要罰金100万円の昔ながらのスタイルで、ネット上の口コミでは見当たりませんでした。

大阪の他の風俗店も体験談を書いていますので、参考にされて下さい。↓

おいらん日本橋ホテヘルの評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談を解説

西中島ホテヘル「ブカチョハイパー」の評判・口コミは?おすすめ嬢など体験談から解説

大阪グッドチョイスの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

大阪カーサビアンカの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

「アネステ十三店」性感エステの評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

リッチドールパートⅡ体験談

東京のM性感店に行くつもりで、早朝より新大阪にいました。

ふと、リッチドールパートⅡが気になったのでサイトを見ます。

いつもは即完売で、キャンセル待ちになっているリッチドールパートⅡ史上最高の人気嬢あず嬢に空きありの表示があります。

あず(29)

T167 / B89(E) / W58 / H86

時刻は午前6時。

試しに電話します。

少し長いコールの末繋がります。

あず嬢の予約を試みます。

なんと昼から40分コースのみ、ご案内可能とのこと。

迷わずアポ入れて東京行きは見送ります。

その存在を知ってから半年後にやっと予約が取れました。

ご案内時間までの間、当時はまだ掲載されていたcityheavenの写メ日記であず嬢の情報を収集します。

北海道出身 、観葉植物の栽培と映画鑑賞が趣味、昼職はエステ嬢。

近所の子供にも人気のホンワカキャラ。

リッチドールを副業というよりは性欲解消場所として位置付けている。

観葉植物は全く知らないので、映画の話題で和ますことにします。

最近個室ビデオで観たミッキーロークとキーラナイトレイ主演の【ドミノ】の話しをすることにしました。

そんなこんなで、時間を潰して昼前に梅田へ移動してお店に向かいます。

約3年ぶりにやって来ました。リッチドール  パートⅡ梅田店。

受付で予約名を告げて料金を払い、案内番号を貰い待合室へ。

パステルカラーのソファーに自動販売機に風俗雑誌にお絞りに店内パネルに爪切りに狭いトイレと全く変わっていません。

これぞ箱ヘルの待合室といった感じです。

煙草を3本程吸い終ると、「緑の番号札14番でお待ちのお客様、ご案内です。」と独特の言い回しでコールされます。

通常エレベーター内でご対面なのですが、時間が押しているということで、あず嬢は部屋待ち。

店員に部屋まで案内されます。

部屋に入ると、下着姿の肉感的な嬢がうつむき加減で座っていました。

僕に気づくと、さっと立ち上がり上着を脱がせてくれます。

気立て良さげでいい感じです。

はにかんだような、何とも素朴な佇まいに

心根の優しさがひっそりと咲いているような心地良さがあります。

心の穏やかさと美しさが顔に表れていて、本当に風俗嬢だろうかという位に卑猥さや淫靡さとは無縁な爽やかな美女。

お世辞ではなく綺麗だと思ったので、そう伝えると一生懸命かぶりをふります。

劣情の捌け口を求める野郎どもにギミックなしで性を与える事が出来る豊潤な女性の

顔の輪郭はやや丸味を帯びたウリザネ顔でストレスを感じさせない美しいバランスを保っています。

パーツを誇ったり、強調したりする顔ではないのですが、端的に綺麗です。

長身で肩骨や鎖骨はしっかりしていて、形のいい豊満な乳房が微かに扇情的であること以外はこれ見よがしなセックスアピールがないにも拘わらず、色香が漂います。

ヒップは少し大きめながら、腰は括れていて大腿部が引き締まり脚が伸びやかで、運動神経が良さげな感じです。

僕「予約至難の技でした。」

少し微笑むあず嬢。

あず嬢「店の中にいると実感がないです。1日あっという間に過ぎちゃうし。」

そう、あず嬢のあっという間の何分の1かを勝ち取る為に何人もの♂どもが5時起きしてるのです。

あず嬢「おふろどうぞ。」

バスルームには来ないでベッドメイキング及びプレーの準備にかかるあず嬢。

40分という短い時間を考慮しての段取りなのか潔癖症でもないのかはわかりませが、ちょっと抜けてて可愛いいです。

湯船に浸かりながら、歯磨きしてイソジンで嗽をします。

それをじっと無言で眺めるあず嬢。

不思議な感じですが、美女に待たれるのはとても気分がいいです。

風呂から上がり、身体を拭いて貰いながら半ば強引にキスをします。

そのままベッドに崩れ落ちて、あず嬢のキャミソールを剥ぎ、微かに汗ばんだ身体を抱きしめます。

待ちに待った美しい獲物を堪能します。

仕事の関係上化学薬品で指紋が消えたツルツルの指先であず嬢の乳房から腰へとフェザータッチの上下運動をしながら、いきり立った一物をあず嬢の局部に当て半強制素股プレーで距離を詰めます。

「あっあーん、あっあっあっ」

単調な反応ながら、確実に感じているあず嬢の乳房を僕の顔の真上に持って行き、乳首をソフトクリームを舐めるように口に含み、口内で舌で転がすと、美しい顔が快感で歪んでゆきます。

あず嬢はあへ顔にはなりません。ひたすら快感に苦悶します。

それが儚く美しい。

薄暗闇の中でもはっきり感じられます。

更に位置を下げて少し強引にキスをし、諦めた感のある嬢の舌を舐め上げます。

暫く舌を絡め合い、既に局部トロトロ感のある嬢を添い寝状態にして乳首と乳房を中年特有のねちっこさで舐め尽くしながら、クリトリスから局部へローションを流し込むように出し入れを繰り返すと何回目かで熱い潮が溢れだして、「イクっ‼️」と圧し殺すように呻き、アクメを迎えます。

間髪入れず69態勢に持ち込み、舌でメルトダウン状態のヴァギナを雑に舐め上げ、もどかしさから一物を咥え込んでしまうあず嬢の痴態を確認しながら、クリトリスを強目に舌でつつくと、快楽に耐えきれず、一物を口から離して喘ぎます。

仰け反る型になるあず嬢のヴァギナの内壁に下から舌を這わせながら、交互にクリトリスを舐め上げます。

熱い蜜は溢れだしませんでしたが、ひくひくと痙攣するお尻が二回目を物語っていました。

再度添い寝状態で乳首を愛撫して貰いながら緩い手コキでいかせて貰います。

大量のザーメンが放出されて、あず嬢の太ももに流れてゆきます。

暫く、密着状態であず嬢の身体をゆっくり撫でます。

眼を閉じて愛撫に身を任せるあず嬢。

たおやかな曲線を描く裸体が汗で鈍く輝きとてもエロチックです。

時間が止まればいうことないのですが、そんなことは有り得ないとばかりに10分前のコールが鳴ります。

そのまま湯船に浸かりながら、あず嬢がシャワーを浴びるのを眺めます。

あず嬢「汗かきだから、シャワー何回も浴びないといけないの。」

僕「あずさんの汗を嫌う♂はいないと思うよ。」

恥ずかしそうに下を向くあず嬢でした。

身支度をして一服してお別れです。

もう予約は取れないかもしれない嬢です。

そんな惜別の情など知るよしもないあず嬢に控えめかつ明るい笑顔でバイバイされて退出しました。

高校生の時、模試試験中に不覚にも勃起してしまい、薄手の白いスラックスだったので横に座る女子高生にバレてしまい、その娘とそのツレの娘にクスクス嗤われたことを何故か思いだしながら店を出ました。

リッチドールパートⅡ梅田店のまとめ

リッチドールは私が約30年前に風俗デビューしたファッションヘルス店です。

物凄くスタイルのいい、まさに弓なりボディーの嬢と恋仲になり、店外デートでセックスしまくった青春のダークサイドです。

もう二度と行くまいの筈でしたが、ほまれ嬢とあず嬢なら通う価値はあると思っております。

然しほまれ嬢はソールドアウトマシーンで、あず嬢は実質ゴーストスタッフとなれば通えるのは実際一年に一回位。

令和の御代、大風俗売春時代でもあるわけで、やはり知名度で女性の回転率は高く、上物が迷い込んで来ます。

そんな嬢との店外アバンチュールを狙うのも佳し、ひたすらコストパフォーマンスを重視して射精活動を繰り広げるのも佳し、雄琴福原吉原へのステップレースに使用するのも佳しで本当に利用価値の多いファッションヘルスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です