名古屋「黄金の口」M性感痴女ヘルスの評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Syoukeiです。

名古屋の店舗型M性感新店舗を開拓してきました。

今回は「黄金の口」という店舗型M性感ヘルスのお店でネットでの口コミ評判も良いようです。

実際に遊んでみてどうだったのか?

では早速始めていきましょう。

名古屋 黄金の口とは?

性感のお店は、女性に触れることができなかったり、脱がなかったり、ハンドフィニッシュが基本サ―ビスだったりします。

黄金の口はさらなる快楽への追及のため、

本来のM性感サービスに、痴女主導によるお触りやオールヌード、さらには生尺も基本サービスに加えることにより、お客様の妄想を超える、本当に気持ちいい濃厚ドスケベサービス黄金クオリティーを確立しました。

それが、全国にご利用会員12万人を誇る黄金の口のM性感痴女ヘルスです。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

名古屋 黄金の口の場所

名古屋市中区新栄1-1-26 ハーレムインビル2F

地下鉄東山線栄駅12番出口より徒歩5分

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

名古屋 黄金の口の営業時間・料金・予約方法

営業時間

9:00~24:00

料金

1対1

  • 40分(初心者コース) 10,000円
  • 70分(ショートコース) 18,000円
  • 90分(メインコース) 28,000円
  • 120分(ロングコース) 37,000円
  • 150分(ロングコース) 46,000円
  • 延長30分 10,000円
  • 入会金 2,000円
  • 入場料 2,000円
  • ルームチャージ 無料
  • パネル見学 無料
  • パネル指名料 無料
  • 電話指名料 2,000円

予約方法

電話:052-251-7979

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

名古屋 黄金の口の嬢のレベル、おすすめ嬢

長身モデルタイプから、ロリータ系、はたまた豊満な肉体と色気を纏う熟女まで、さすが風俗聖地名古屋の有名店というラインナップです。

只、不思議な事に全員地味な印象でエース級の嬢が在籍しておりません。

ホームランバッター不在の強打線といった感じがします。

中の上から上の中といった分布ですので、ハズレの確率は低い気がします。

名古屋 黄金の口のおすすめ嬢

  • のあ
  • リリ
  • カンナ
  • ルイ
  • レイラ
  • ハルカ
  • あん
  • ひかり
  • カオル

他にも名古屋の風俗店の体験談を書いていますので、参考にされて下さい。↓

名古屋M性感ルーフ倶楽部ヘルスの評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

ヘルスクラブ長者町巴里の口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

花びら回転HクラブヘルスAVハーツ錦店の評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

名古屋JJクラブ池下ヘルスの評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

名古屋 黄金の口の体験談

日本のヤバい夏、お盆休み突入初日にローカル競馬の平場レースで1500円が450000円に化けました。

今思えば、この時点で既に精神錯乱を引き起こしていたのかもしれません。

此処ではない何処か。

ルーティンな日常を勤勉にこなす日本の労働者の諸氏にとって、そんな非日常による異化作用で心身をリフレッシュする為にこそ大型連休が存在する。

ならばと早朝から近隣の寂れた商店街で飲酒して徘徊。

台風が迫る曇り空の下、会社に行かなくていい幸せを噛みしめながら、仕事の段取りをシミュレーションしなくていい幸せを噛みしめながら、路上駐車中の年代物の小型スバル車を見つけてパシャり。

適当に加工して待ち受け画面にする心の余裕を失ないたくない。

another time another place

世界が何度もひっくり返る事を証明するために、朝イチからDash心斎橋に突入すると、なんと台風のために馬券発売は中止との事。

此れで完全にキレてしまい、ならば現地に乗り込むまでと大井競馬場を目指して新幹線に乗り込んでしまう。

昼過ぎから夕方まで競馬するも、今一つ芳しくないので、ブレイクの必要を感じているところに集中豪雨。

東京で泊まる場所が思い付かず、日頃恋い焦がれてる東京M性感にも気が向かわず、何故か名古屋で風俗という選択を取ってしまいます。

名古屋へ向かう新幹線こだまの車中で散々迷った挙げ句、cityheavenのオキニ嬢に登録していた名古屋M性感黄金の口に在籍するスタイル番長ひかり嬢をピックアップ。

♦️ひかり♦️美乳スレンダー痴女 [30歳]

T168・85(D cup)・59・89

抜群の美貌!目出し解禁!

台風に向かって走る新幹線に搭乗している物好きはさすがに少なく、特に周り気にせず店にアポ電。

22時最終枠を90分押さえました。

改めてひかり嬢のプロフィール写真を見ます。抜群のスタイルと日本人離れした骨格に変な髪型に尋常じゃない目付き。

写メ日記読むと結構面白くて、これは元ヤンキーだなという結論に達しました。

此処で思い直して入れば、嵐でも癒しに満ちたエロスの夜を名古屋で過ごせたかもしれませんが、「ヤンキーか、どんな痴女か確かめてやる‼️」

名古屋に到着すると台風真っ只中でした。

吹き荒れる暴風雨の中、黄金の口に電話を入れて道案内を依頼しますが、嵐の夜に音声情報だけでは目的地に着くのは不可能という結論に至り、タクシーに乗車。

前回来店した時、微かに記憶がある隣のパチンコ屋の名前を運ちゃんに告げて行ってもらいます。

で、無事到着。

普通キャンセルですが何故か嵐の夜は凹みません。

受付で料金を払い、入店。

待合室でアンケートにしていると、後からどんどん客が来て、狭い待合室が満員になります。

嵐の深夜近くにM性感店の待合室がM男で溢れる異様な光景に、錯乱しているのは俺だけではないと変な勇気を得て、思わずアンケートに聖水OKと記入してしまいました。😭

時間が来て部屋に案内され、シャワーを先に浴びておくように云われます。

シャワーを浴びてベッドに腰掛けて、俺は一体何やってんだと自問自答モードに入った途端にドアが勢い良く開いて、ひかり嬢が入室して来ました。

まじ外人のような小顔に灰色の目に驚き、これは絶対ハーフだわ、と確信しました。

骨が細くかなりの身長ですがあんまり威圧感がありません。

肩にかなり大きい縫い傷があり、バイクで2ケツしてて転んだんだなと容易に想像できました。

なんか彼氏のバイクで2人乗りしてラブホ行ってロストヴァージンしたという写メ日記ありましたので。

はじめましての挨拶もなしに、開口一番。

「ちゃんと洗った?」とぺニスチェック。

「洗いました。」と僕。

「もう、滑ってる。」とひかり嬢。

そのままシャワーボックスに押し込まれて、背後から手こきのような局部重点洗浄に晒されます。

「何、感じてるのよ。硬いよ此処。」といきなり高速化する手淫に仰け反ります、狭いシャワーボックス内で。

そんな中年変態オヤジの痴態にも怯む事なく段々と冷やかにプレイというか作業というかを無感情にやるべきことをやるひかり嬢の立ち振舞いは実に欧米的。

思いきって訊いてみると、オランダ人のクォーターとの事。

やはりと思いつつも、危惧もします。

ヨーロッパ系白人の血を引く嬢は、骨が非常に細く格好いい骨格をしており、且つ付くべきところにしっかり脂肪が豊富についてるvery designed body 。

♂を誘惑するという目的を極め尽くした身体なので、マジ綺麗です。

細いながら偉容を保つ骨格が形成するボディーフレームはこの人種の構築美の源。

観念上の美意識の受肉を実現した土台。

この至極のフレームに豊満な肉が無駄なく付くという職人芸的配分を、きめ細かいだけでない、ある種の強靭さを持つ滑らかなスキンが覆う至福。

偏見を必要としない美があります。

然し淫靡なエロさは醸し出さないのです。

と、強がって見てもフレームの記号的認知から徐々にはみ出してくる肉の誘惑、逆形シ上学的反芻の前には♂の本能は無力。

ギンギン且つ此処に閉じ込められてる最大の理由である滑りは無尽蔵。

ボディーシャンプーで泡立てられて、底意地の悪さを感じさせる究極的にスローな手こきを繰り出されて悶絶します。

「何、感じてるのよ。洗ってるだけでしょ。」と叱咤しながらも感じずにはいられないフェザータッチで一物を弄ぶヤンキー痴女、これは侮れません。

正面を向かされて、乳首もボディーシャンプーで洗浄されるに及び、我慢も限界に達して哀願してしまいます。

僕「ひかり様、イってしまいます。」

ひかり嬢「バカ。口開けて。」と恍惚一歩手前の表情で頭真っ白な僕に命じます。

云われるままに口を開ける僕の咥内に銀滴を流し込みマーキング。

気が済んだのか、やっと解放されます。

ひかり嬢がシャワーを浴びる間、ベッドに腰かけて身体を拭きます。

昭和末期の箱ヘルスを彷彿とさせる部屋の狭さ。気を利かしてるのは鏡張りの天井ぐらい。

名古屋人はやたらと高級志向なのに設備はけちります。

シャワーを浴びてボックスから出てきたひかり嬢。

トップレスです。

小さく色素の薄い乳首が異国情緒満点です。

ひかり嬢「俯せ。私扁桃腺やられてるからフェラは出来ないからね。」と完全に女王様モード。

瞬殺されかねないので黙って従います。

背中にたっぷりローションをかけられて、いきなりのbodypetting。

硬くなってる乳首が背中に当たり興奮します。

更に微かに洩れる吐息のような艶声に、高圧的態度に半ば白けていた一物も再び硬化します。

マットヘルスやソープでは何ら変哲のないプレイですが、このレベルの美女にされると、身体の奥から悦楽がこみ上げてきます。

自ら乳首を刺激してちょっとエッチモードなひかり嬢、背後から僕のギンギンの一物をまさぐりながら、耳から首筋、肩から腕へと舌を這わせてきます。

「気持ちいいです、ひかり様。」と悶える僕をひっくり返して、今度は胸部から股間へとローションを塗りたくります。

「まだ出したら駄目よ。逝くときは天井の鏡で自分の情けない姿を目に焼き付けるのよ。わかった‼️」

ローションでトロトロの身体をお互い擦り合わせて、お互い勝手に悶えて仰け反るという心身乖離したプレイが刺激的です。

軈てパンティを脱ぎ捨て、僕の一物にローションを注ぎ、クリトリスに宛がうひかり嬢は腰をゆっくりふりはじめます。

端正な外人顔の眉間に皺を寄せて、激しく喘ぎます。

すがるように乳首をつねってきて、少し痛いですが、此方も射精寸前。

天井の鏡で、情けない僕の痴態ではなく、ひかり嬢の白い肌に浮き出る背骨が仰け反るのを視ながら、射精しました。

射精を確認したひかり嬢。

冷やかな視線を硬直痙攣する中年マゾに落としながら、放尿されます。

驚愕する僕に言い放ちます。

「綺麗にしてあげるわ。」

そのまま生温かい聖水を一物に浴びせられて虚脱感に浸りながら、心が通い合わなかったミストレスの排泄液にまみれる屈辱的フィナーレを用意する残酷且つ狡猾な嬢の性格に、欧州の峻厳さを痛感する嵐の夜なのでした。

シャワーを各々浴びて暫し雑談。

僕が此処にいる顛末を説明すると、

「どうやって一晩過ごすの?」

「私前から思ってたんだけど、マゾ♂ってあらゆる機会を捉えて自分を追い込むよね。」

「本当に感心するわ。」

と呆れられました。

最寄りのホテルを尋ねると、にやっとされて「教えない。マゾプレイの邪魔しちゃ悪いもん。最後まで悶えなさい。」との事でした。

名古屋 黄金の口のまとめ

今回のプレーは、内容だけ見たら不本意でしたが、ビジュアル及びマゾヒズムの充足感という観点からは悪くなかったです。

M性感というプレーに正解はありません。

ソープランドやヘルスのようにフォーマットがないのです。

ぺニスの鍛練と称してセックスだってM性感のプレーになってしまうのです。

前回、この店ではかなり濃厚なプレーに、それなりに興奮しましたが、お相手の痴女のキャラが結構ホンワカしていたので普通の濃厚ヘルスプレイになってしまい、オルガズムには至りませんでした。

だからといって今回の名古屋遠征が成功かと訊かれれば、答えは微妙です。

サディステイックでしたが、色気というか艶というかエロさは無かったです。

端的に言えば、ヨーロッパでヤンキーでした。

実際、風俗遊び特にM性感はギャンブルです。

出来る限りの情報を収集し、持てる洞察力をフル稼働させて挑みます。

コイツはルックスはOKだが、日記の内容がヤバいからパスだというのは全然有りなのですが、其を踏み切れない何かが嵐の夜にはあったのでしょう。

三連複は当たったけれど、三連単は逃したという感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です