福原ソープ彩桜の口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Syoukeiです。

特級調査員の風俗マスターH氏が、神戸福原の高級ソープを開拓したそうです。

今回は、彩桜(さくら)というハイレベルな女の子と遊べるお店ということで、口コミ評判も良いようです。

実際、体験してどうだったのか?

早速、始めて行きましょう。

福原ソープ彩桜とは

福原柳筋にある高級ソープランドです。

福原の高級ソープランドは2パターンあり、120分60000円コースしか設けていない店と時間と料金に幅を持たせて、嬢をランク付けした上で対応コースを嬢毎に設定する店があります。

彩桜は後者。

ランクは以下の通り。

NEW FACE:入店3ヵ月以内の女性になります。

STANDARD:新人期間をクリアした女性になります。

SPECIAL:当店の中でも人気・実力が高い女性になります。

PREMIUM:当店の高級サービスをご堪能いただける女性です。

嬢は総勢50名弱。

福原はご存知かと思いますが日本有数の風俗街で他にも体験談を書いていますので参考にして下さい↓

福原の「グッドスマイル」ソープランドの評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

福原の「ウエスタンクラブ」ソープランドの評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

福原ソープ彩桜の営業時間、料金、予約方法

営業時間

9:00~23:50

受付 8:00~24:00

料金

  • 40分 ¥20,000
  • 60分 ¥30,000
  • 80分 ¥40,000
  • 100分 ¥50,000
  • 130分 ¥60,000

会員登録料 3,000円

指名料 2,000円

各種イベントが有り、割引可能。

予約方法

電話:078-576-7701

電話にて、スタッフに会員番号、予約者名、ホステスのご指名、タイプ、来店時間、コース等を伝えます。

会員は3日前から、新規は前日から予約可能です。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

福原ソープ彩桜の場所

電車の場合

新開地駅から徒歩3分、湊川公園駅から徒歩5分

車の場合

兵庫県神戸市兵庫区福原町3-17をナビに入力でたどり着きます。

店舗ビルに駐車場が有ります。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

福原ソープ彩桜の嬢のレベル、おすすめ嬢

ランク付けが存在しているので、嬢のレベルはピンキリがある感じです。

全体的な印象は上級OLか高級ラウンジレディ秘密のアルバイトといったコンセプトかなという感じで、セクシーさや妖艶さを前面に押し出してる嬢はあまりいません。

艶やかさと清楚さの絶妙なアンサンブルと裏腹の濃厚プレイのギャップが売りなのかなと思います。

福原ソープ彩桜のおすすめ嬢

  • 萩原めぐ
  • 秋條なつみ
  • 星まりか
  • 桃福こゆき
  • 桜木るな
  • シュリ
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

福原ソープ彩桜のNN、NS情報

基本的にS着用のようです。

福原ソープ彩桜の体験談

リスグラシューが優勝したオーストラリアのGⅠコックスプレートの三連単を取り、なんとか午前中の負けを取り戻してホッと一息ついていた土曜日の午後、見馴れぬアカウントからLINEが届きました。

シュリ嬢「シュリだけど、今度そっち(関西)でのお店かわったから来てね。お店→福原 ♥️ 彩桜♥️  これは予約専用アカウントなんで、変な画像は送って来ないでね。送って来たらまたブロックします。」

シュリ嬢とは旧知の仲というか二回程SMソープランドという異色の店でプレイをした旧痴の仲であり、LINEともだちです。

調子に乗って家の近所に生息するヌートリアの動画とか送信していたら、ブロックされたのでした。

今回店を移籍して関西で性活するに当り、アクメ用♂を集め出したようです。

僕「久しぶり。丁度馬券当たったから必ず行くよー。」というメッセージと共に馬券的中画面のキャプチャー画像を送信すると、シュリ嬢「私競馬分からないって何回も言ってるよね! 意味わかんない情報送ってこられたらホントにムカつくから、止めて。」とキツイお言葉が返って来ました。

営業LINE送りながら、まったく客に媚びないどころか、逆ギレも辞さない高飛車な美魔女、それがシュリ嬢です。

名前     シュリ

年齢     28歳

3サイズ           T173・88(F)・55・86

実はシュリ嬢の正体は名古屋の某有名M性感店の伝説的痴女 なのです。

名古屋という都市はファッションヘルスのメッカ。

一説によると名古屋の18~40歳の女性の四人に一人は風俗経験者だとか。

よってM性感もヘルスプレーが含まれてたり、ヘルスプレー即ちディープキッス、おさわり、生尺、ゴム尺  がオプションになってたりとかでカテゴリーフュージョン状態にあります。

実際、僕もシュリ嬢が在籍している有名店で別の嬢とプレーしましたが、ほとんどヘルスのサービス内容でしたし、この3月から改めてヘルスコースなるものを導入したみたいです。

そんな名古屋でシュリ嬢は女王様スタイルを貫き手コキ一本で常に完売を達成するスーパーエクセレントな痴女として、数百否、数千のペニスから精液を、その長くしなやかな指で放出させてきたのでした。

実際この嬢はマジで綺麗です。

写メでは、眼がベルばらちっくですがリアルは切れ長の涼やかな目元をしていて、筋の通った鼻は嫌みのない上品な高さ。

厚ぼったく写る下唇も目立たない大きさで面長の理想的美女です。

更に特筆すべきは、そのボディー。

こういう長身美女は胸が生板だったり、乳房は其なりに豊満でも、胸部に肋骨が浮き出てたりと、セクシャルの範疇からずれるパターンが多いですがこの方は違います。

胸も乳房も豊満。

鎖骨は伸びやかで細く美しい。

腹筋は一本筋が通っていて、腰の括れは、スーパーモデル級。無駄なお肉ついていません。

また手足が長く、しかも大腿部がしっかりしているので、スリムな嬢に有りがちな棒みたいな質感の脚とは一線を画します。

更に肌は本当に美しい。

実は齢40手前なのですが、肌に弛みやシミは皆無。どう見ても20代なのです。

僕も風俗歴長いですが、このレベルのアラフォーには遭遇したこと無かったです。

このルックスをハナにかけて高飛車女王様気質なのかと言うとちょっと違います。

シュリ嬢は関東の古都出身。

就職で名古屋にやって来ます。

コピーライティング系の仕事をやっているみたいな事を言ってました。

確かにcityheavenのblogを読むと単なる風俗嬢が発信する量の文章は並んでいません。

多分広告代理店、若しくはその傘下の制作会社に入社したのではないでしょうか。

其処で勤務しながら、M性感店でW-workを始め、頭一つ抜けた美貌とM性感に対する好適性で頭角を顕したみたいです。

確かに、この嬢は頭の回転が早くのべつ何かを話しながら、それでいて業務は段取り良く進行するという異能があり、クソ忙しい広告代理店関係で働いていたと云われれば頷けます。

(話しの内容はやはり関東の人なので関西人にはあんまり面白くありません。オチがないし基本的にシンパシートークじゃないカウンタートークなので聞いてると疲れます。)

何かに急き立てられるようなマシンガントークとくどい程自分のフォームを主張するスタンスに、美貌故の自己保身の為に誤解と歪曲を極端に嫌い、それ故に自己弁明にも多大なエネルギーを費やす孤独な女性の実像が垣間見えます。

風俗仕事、しかもソープランドという職種に於いてさえもM性感で自分が確立したフォームを基本的には崩しません。

では、何故ソープランドで働いているのかというと単にセックスがしたくなったそうです。

20代の頃はそうでもなかったが、30越えた辺りから疼き出し、M性感でぺニスをいじくり回して誤魔化していたが、最近遂に我慢の限界がきたそうです。

でもペッティングは抵抗を感じるそうです。名古屋という大阪に次ぐ?下衆な風土を持つ都市で、おっとり育った娘さんが風俗業界で揉まれると、そういうキャラになっても仕方ないかなという感じです。

そんなシュリ嬢からの営業LINEを受けて、正直面倒くさいなというのが本音でした。

仕事も忙しく、馬券もあんまり調子が芳しくなく、身内の不幸も重なって出費も嵩んでいた時期なので、暫く忘れていました。休憩時間にふと思い出して高級ソープランド彩桜のHPを覗いてみました。

シュリ嬢のプロフィールもアップされていて出勤予定にも記入があったので、ああ、無事に着任されてるんだなと思い、次に自撮り写真のサイトをクリックして衝撃が走りました。

美しい。

脚や腹筋は引き締まり、逆にバストはボリュームアップ。

そう言えば肉体改造するとか言ってたなと思い出し、ああいうタイプはやると言えばやるんだなと妙に関心してしまいました。

早速次の日、昼イチに無理矢理起きてアポ電しました。

シュリ嬢は16時からの出勤予定との事。

80分コースで予約を入れます。

コース料金40000円+会員登録料3000円+電話予約2000円で総額45000円。

流石に高いと思い渋ると週特祭というイベント実施中との事。

合言葉を言えという事なので週特祭と言うと、コース料金が27000円になり、一気に総額32000円になったので迷わず確定しました。

30分前に店に到着。

受付で予約名を告げて確認し、料金を支払い窓が広い明るい待合室の革のソファーに座っていると、店員が会員登録表とドリンクメニューを持ってやって来ました。

シュリ嬢30分程遅れるとの事。

別に急ぐ理由もないので承諾しました。

登録表に記入して渡すと、暫くして会員証とドリンクを持って来ました。

暖冬故に冬の峻烈さがないので、のんびりした気分になりウトウトし始めます。

「お客様、ご案内です。」と声をかけられ目を覚まします。

寄る年波には敵いません。

エレベーター前でシュリ嬢と久しぶりの御対面。

ちょっとびっくりされていました。

エレベーターに乗り込むと、

シュリ嬢「なんでLINEしてくれないの?」

僕「ブロックされてるかと思って。」

シュリ嬢「私からLINE送ったじゃん。」

と腑に落ちない様子。

よく見ると愛用の底上げ女王様ブーツは履いておらず、普通のヒール。

服装も高級ソープランド嬢の派手でゴージャスパステルカラーのワンピース。

前回は業界OLの遊び着みたいなツートーンの厚手のワンピースでした。

完全に店のカラーに合わせてます。

僕「店変わったの、なんで?」と訊くと、案の定長い説明が始まりましたが、要は部屋が古くて汚かった事、いつまでも腰掛け新人扱いだった事、名古屋から帰ってこいコールが激しくて一旦リセットしたというのが理由のようでした。

で、改めて福原でセックスの為にソープランドを探したら、条件合うのが 彩桜 だったそうです。

部屋に入ると結構な広さで綺麗で新しい。

同価格帯のスマイル系より環境いいです。

ソファーに座るとドリンク等出して頂き、染まってるじゃんと思いながら、

僕「痩せたよね?」と言うと、

シュリ嬢「わかる? ジム結構行った。まあ気苦労もあるけどね。」

バスタブに湯を入れながら、縁に鎮座するアヒルの家族に目をやると、

シュリ嬢「触っちゃ駄目よ。」と釘をさされます。

前回店の備品かと思ってお手玉にして遊んだらシュリ嬢最愛のペットだったようで、厳しく叱責されました。

ソファーの隣に腰掛けて服の上から乳首を長い指で弾いてきます。

シュリ嬢「相変わらずの敏感体質なのかな?」

僕が黙って頷くと、いきなり服を脱がせて全裸にひんむかれます。

この辺りの屈託のないストレートな所作はM男くんには堪りません。

更に潔くワンピースを脱ぎ捨て藤色の下着姿になります。

生理前だからなのか、前よりも豊満な乳房に純粋に萌えます。

そのまま暫く乳首を弄ばれた後、洗体の為にバスルームへ連れて行かれ、ボディーシャンプーを使った手コキでギンギンの一物をしごかれます。

僕「G位?」と掠れた声で訊くと、

シュリ嬢「かな。」と受け流し、いい女モード全開です。

頃合いと見て、シャワーで洗い流して口内洗浄道具を手際よく準備しながら、入浴を促されます。

湯船に浸かり歯磨きなどしていると、「熱くない?」と全裸のシュリ嬢が背後からやって来て、そのまま入浴。

歯磨き終わった僕の腰の下に膝を立て一物を水面から突き出させ、暫く弄んでからゆっくりと亀頭を舐め始めます。

決して口には咥えず、亀頭の縁に舌を這わせてゆく痴女的フェラチオ?はマジで気持ちよく腰が浮きまくり、喘ぎまくりでアヒルの行水状態。

流石名古屋No.1痴女、男の性感帯は知り尽くしています。

シュリ「行っちゃ駄目よ。リングは持ってきた?」

と訊くので首を子供のように振ると、

シュリ「二回いけるの?」と挑発的に微笑みます。

少し逆上せてきたので、ここで一旦プレイをストップして風呂から上がります。

僕がマットには関心ないのを知っているので、尋ねもしません。

身体を拭いて貰い、そのままベッドへ。

部屋の照明は少し暗めにされています。

暫くするとシャワーを終えたシュリ嬢がバスタオル一枚の姿で戻ってきました。

目の前で、落とされるバスタオル。

これ以上美しく扇情的な裸体を拝んだのは、西中島南方のロシアンパブでベラルーシ人絶世美女のポールダンスをを観た時以来です。

ゆっくり僕に覆い被さりキスをします。

軽い衝撃。

舌を絡ませながら、最早活動限界間近の一物をゆっくり扱き始めます。

ペッティング嫌いじゃなかったのか?

と眼で訴えると、「来てくれて嬉しい♥️」と囁かれました。

キスから乳首を舌で弄ばれて、下に下がって行き遂に一物を咥えられます。

絶妙の舌使いに何度もいきそうになりながらも耐えていましたが、限界目前で「いく。」と呟くと、シュリ嬢は間一髪口を離されて「お口ではいかさないから。」とイタズラっぽく首を傾げ、口にコンドームを含み再度一物を口に含みます。

一物に装着されたスキンを手で確り被せてその上に股がり、一物を自ら局部へ招き入れます。仕事を終えて一献傾ける旦那のような風格で僕の一物を味わいます。

眉間に皺を寄せ無言で眼を閉じながら、ゆっくり出し入れするシュリ嬢は仄かな暗さの中、あまりの造形美で人には見えませんでした。

固まる僕にお構い無く、グラインドと喘ぎ声を激しくするシュリ嬢。

下唇を咬み、「アン♡」とトーンを上げると仰向けになりました。

意図を察した僕は、上になり腰を激しく降りながらシュリ嬢の豊満な乳房を夢中で舐めました。

ノンシリコンの生乳でした。

素晴らしかったです。

とりあえず二人共に果てました。

シュリ嬢はまだ全然いけそうでしたが、僕が二回いけないのは知っているので、まあこの♂はこの程度でいいだろみたいな感じでお開きになりました。

洗体→入浴→着衣→雑談→お別れのキス→お見送り とつつがなく進行し、ちょっと早い出勤の途に付きました。

福原ソープ彩桜のまとめ

事実上、彩桜というよりはシュリ嬢のレポになってしまいましたが、それだけこの嬢には価値があると思います。

もし、お手合わせされたならば、いい女とセックスするということはこういうことなんだと再認識させてくれるでしょう。

そういう局面ではコミュニケーション障害もへったくれもありません。

黙って腰を降るだけです。

事実、cityheaven の写メ日記を閲覧すると、腰降りまくってる♂どもへの言及がかなりあり、シュリ嬢自身も降りすぎてヘルニア気味とか。

激しく振動する一物をリクエストする美女がいるなら、男は金を払ってでも其に応えなければならない。

そんな倒錯を当然の事と思わせてしまい、実行させてしまうシュリ嬢はUSJとソープランドが大好物なので、暫くは関西在住ではないかと予想されます。

4月はコロナウィルス対策で出勤を控えているみたいですが、必ず終息すればソープランドに復帰されるでしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です