デリヘル大阪M性感DIANAの評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Syoukeiです。

大阪ミナミエリアのM性感デリヘルの新店舗を開拓してきました。

今回は「大阪M性感DIANA」という店でネットでの口コミ評判も良いようです。

実際に遊んでみてどうだったのか?

では早速始めていきましょう。

大阪M性感DIANAとは

厳選した何もかもが優れた美人痴女が繰り出すM性感プレイ!

大阪市内の交通費が無料で気軽に利用出来るスケベ痴女がたくさん在籍している当店は、男の潮吹き・ドライオーガズムを楽しめるM性感です!

これまでMプレイの経験がない…という方もご安心ください!美しくて経験豊かな美しい痴女達が、未知の快感に優しくエスコートします。

モデル 人妻 OL ギャル系 と様々なタイプの魅力的な肢体を誇る痴女達が揃っていて、

実際ルックス偏差値は高め。

プレイ内容もマニュアル化は感じられず、嬢によってバリエーションがありそう。

主にお姉さま倶楽部と大阪痴女M性感からの移籍組が中核を形成している。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

大阪M性感DIANAの場所

日本橋、難波、谷町エリアからのデリバリー

待ち合わせ場所

日本橋(地下鉄千日前線日本橋駅 7番出口)

難波中(地下鉄四つ橋線なんば駅 31番出入口スグ)

谷町9丁目(地下鉄谷町線九丁目駅 3番出口)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

大阪M性感DIANAの営業時間・料金・予約方法

営業時間

10時~翌5時

料金

【お待ち合わせコース】

  • 60分 16000円
  • 75分 20000円
  • 90分 23000円
  • 120分 30000円
  • 150分 38000円
  • 180分 46000円
  • 210分 54000円
  • 240分 57000円

延長 30分 9000円

入会金 1000円

指名料 2000円

ホテル代別途

【デリバリーコース】

  • 60分      18000円
  • 75分      22000円
  • 90分      25000円
  • 120分    32000円
  • 150分    40000円
  • 180分    48000円
  • 210分    56000円
  • 240分    59000円

延長 30分 9000円

入会金 1000円

指名料 2000円

予約方法

電話:06-4395-5722

web:https://www.cityheaven.net/osaka/A2702/A270201/diana_osaka/A6ShopReservation/

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

大阪M性感DIANAの嬢のレベル、おすすめ嬢

日本橋にあった老舗M性感お姉さま倶楽部のトップ痴女れいか嬢セイラ嬢と大阪痴女フェチM性感倶楽部のエースだったセリカ嬢などが移籍しておりルックス&プレイスキルは高めです。

その他美人OL系痴女やモデルミストレス系の痴女も在籍していて指名する価値ありの嬢は結構多いです。

一方若手はギャル系にSMタトゥー系が多数で新人OLや女子大生痴女はいないので、その辺りのスタッフが揃えばブレイクする予感がします。

大阪M性感DIANAのおすすめ嬢

  • ミキ
  • せりか
  • あいり
  • かのん
  • かすみ
  • れいか
  • セイラ

他にも大阪のM性感の体験談を書いていますので、参考にされて下さい。↓

梅田痴女性感フェチ倶楽部の評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

梅田ゴールデン倶楽部M性感ヘルスの評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

「難波秘密倶楽部」M性感の評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

大阪M性感DIANAの体験談

海月(くらげ)[?歳]

T167・83(D cup)・57・85

類稀な美に女王的艶気

cityheavenのプロフィールを初めて閲覧した時、首都圏の女王様が都落ちしてきてたと思いました。

非の打ち所のない女王様ルックスに戦慄が走ります。

切れ長の冷たい眼に、シャープな鼻筋は洗練されたミストレスの証。

美しい身体に施されたマニアックなタトウと妖艶さは数々のM♂を虜にしてきた変態の証であり、年齢はジャスト30と推定しました。

この美しいミストレスのM性感プレイを堪能出来るなら予約しない理由はないです。

75分でアポを取り、指定されたホテルのフロントで店名を告げて料金を払い、入室。

店に部屋番号を告げて、嬢の到着を待ちます。

期待と不安が交互に過る初対面女王様待ちの一時。

今回、ルックスと妖艶さは間違いなさそうなのですが、引っかかるのは源氏名。

海月-クラゲとはこれ如何に。

かなりエキセントリックなキャラをしているのだろうか。

毒物拷問得意だったら何処まで赦すのかと答えのない問いに一人苦悶します。

M性感で悩むことではないのですが、ハナから首都圏女王様と思っているので致し方ないところ。

チャイムが鳴り、嬢の到着を告げます。

扉を開けると、好奇心に眼を輝かせるコート姿の長身美女が立っていました。

海月嬢「よいっしょ。」とキャリーバッグを持ち上げて入室。

海月嬢「部屋全然新しいね。私通りの反対側にあるピンクのホテル嫌いなんだ。古いしお湯出ないし、最悪。」と挨拶もせずに

部屋を突っ切りソファーに「よいっしょ。」と座ります。

なんだ、なんか元気いいぞ。

よく見ると、化粧は濃いですがまだ表情に幼さが垣間見える若い女の子でした。

年の頃20歳みたいな感じです。

でも改めて見ると美形。

股間が少し反応してしまいます。

海月嬢「昨日東京から帰って来て、もうふらふら。ダウンしてるとこ店から予約入ったって突電来て、えーってなったけど今週末またショーがあるかもってマスター言ってたから交通費稼がなきゃと思って来たのよ。」と気持ちいいくらい明け透けなキャラに海月は渾名だなと確信しました。

僕「マスター交通費出さないの?」

海月「夜行バスでいけとか言うから、自腹で新幹線で行ってる。」

僕「で、なんで東京行くの?」

海月「えっ、ショー出てる。SMショーのモデルやってる。お客さん私初めてだっけ?」

どうやら常連客の誰かと間違えられていたようでした。

話し要約すると、海月嬢夜は北にあるSMバーでバーテンダー兼ショーモデルとして働いていて、其処で知り合った東京のSMオーナーに呼ばれて月一回か二回東京にSMショーの上演に行っているらしいです。

よく見ると、物凄く濃いマツエクしていて一目でSMショー用だと分かります。

僕「縛りとか難しくない?」

海月「大丈夫。縛られるほうだもん。」

僕「ポカーン」

なんと、海月嬢は女王様ではなくてM女だったのです。

まあ飽くまでショーの中ですが。

海月嬢「まあ将来的にはやるかも。」

大量のショーの画像を見せて貰います。

長襦袢やメイド姿の美女が縄を股間や手首に食い込ませて、胸を露にした姿で鞭打たれて蝋燭を垂らされています。

そしてやはり頭一つ抜けた美貌なので様になります。

凝りゃ呼ばれるわとオジサン納得してしまいます。

20歳前後の歳で、金を払うから来てくれと云われるのは美女の証。

その掛け値なしの美女が目の前にいます。

ほっとくといつまでもスマホに保存されているショーの写真見せられそうなので、シャワーに立ちます。

海月嬢「いってらっしゃーい。」と屈託のない笑顔で送り出されます。

プロ意識の薄さを補ってあまりある美貌。

これはプレイのイメージを組み替えなければなりません。

場数を踏んだ超美形の妖艶女王様のM性感とSMのボーダーラインギリギリのプレイでよがりまくる予定だったのですが、今回これは無理押ししないほうが得策と判断。

海月嬢の美貌と若い肢体を堪能することにします。

バスルームを出ると、黒の下着姿の海月嬢が半起の体勢でスマホをいじってました。

隣に滑り込み、肩や背中をフェザータッチを敢行します。

決して色白ではないし、SMショーにSMバーに痴女性感と三束の草鞋を履く多忙な海月嬢の肌は少しお疲れ気味で生気に欠ける感じがしますが、触れるとさすがに若さ溢れる張りと滑らかさが感じられます。

首筋にキスしようとすると、こそばがって身を捩りますが、そんなにキツい拒絶反応ではないので、調子に乗ってブラを外してしまいます。

乳房をフェザータッチすると、暫し快感に酔いますが、乳首を舌先で舐めると、ヤバいと思ったのか、反撃に出て来ます。

僕の両腕をクロスさせ、片手で押さえながら逆に乳首を舌先で転がし、もう片手でしっとり発情中の一物をゆっくり扱き始めます。

上目遣いの美女の痴態に心が揺れます。

ハナの穴の形が少し僕の好みではないということ以外は完璧の小さな美顔。

控え目な巨乳と云える乳房とかろうじて括れがある寸胴系の上半身と平面系のヒップの下にとてもエロチックな大腿部と細く長い脚が伸びる肢体。

決して色気や妖艶さが無くても、この造形美は性的興奮の対象になります。

いつの間にか悶絶モードに落とし込まれていました。

意外に長い舌は結構感触が良く、M♂の性感帯を探り当てる感じで抜け目なく這いずり回ります。

舐めるの正直上手です。

レズの恋人でもいるのでしょうか。

そのままゆっくり這いあがって来て、僕の性感帯の首を舐め上げます。

僕「あっそこ気持ちいい。」

偽装女王様のM女モデルに悶えさせられる一種の倒錯は萌えます。

軽くフレンチ・キスをされて耳元で囁かれます。

海月嬢「お口開けて。」

サラサラの透明な銀澪を垂らされながら、高速手コキを繰り出されます。

その年2018年最大量のスペルマを放出して哀れなマゾ中年は身を震わせます。

海月嬢「鳥肌立ってる。」

僕「気持ちよかった。」

海月嬢「ほんと。マジうれしい。まだ初心者だから責めるの結構悩む。お客さんみたいに反応いい人ばっかりだといいけど、黙ってる人ほんとに困る。何しに来たの?って感じ。」

その後兎我野町界隈のSMバーの場所を教えて貰い、週末にショーがあり、其処にエントリーされているのを東京SMバーのtwitterで発見して、なんか必死にLINEし始めた海月嬢を眺めながら煙草を燻らせていると、

海月嬢「明日来いって言ってる。そんなん無理。大体明日Diana予約入ってるし。帰って来たばっかりじゃん。」

と苦悶の表情。

人気とは無縁の人生を送った僕には、売れっ子の海月嬢がとても眩しく感じられました。

大阪M性感DIANAのまとめ

20代の痴女や風俗嬢と前半プレイすると、そのセクシャルポテンシャルの高さに驚きます。

エロチックとか妖艶とか幸薄の美女とか淫靡等の概念は昭和の産物であって、そんなことは彼女らにとって気にもしないことなのかも知れません。

どっかの国のバカ大臣がセクシーとか宣っていましたが、セクシーすら今の若者にとってはとっくに消費しつくされた所謂蕩尽された過去の過剰なのかも知れません。

そんな今の二十歳前後の若者が20代半ばを迎える2020年代中期、現在猛威を奮う新コロナウィルスが終息した後の日本の性風俗はカテゴリーやシステムが一変するのではと予想しています。

例えば売春オッケーやセクシャルサービス可能な一般女性が仮想空間で、納税と引き換えに個人単位で営業認可されるという所謂管理売春のような制度が登場するのではと考えています。

仮想空間で嬢にアクセスして5Gでサービス内容イメージを詰めて値段交渉するみたいな風俗が登場したら嬉しいですね。

客もアクセス時に身元バレしてるので違法な行為は出来ないから嬢も安心。

まあ僕は、墓の下かベッドの上なのであまり関係ありませんが、これから性風俗の文脈はかなり変化すると感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です