「アネステ梅田店」性感エステの評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

Syoukeiです。

大阪の新店舗を開拓してきました。

今回は「アネステ」というお店でネットでの口コミ評判も良いようです。

実際に遊んでみてどうだったのか?

では早速始めていきましょう。

アネステ梅田店とは?

『洗練された大人の女性と思い出に残る感動体験がいつも出来る(進化する)性感エステ店です。』

アネステ梅田店の3つの約束をご紹介♪

①「包容力」と「上品さ」を兼ね備えたセラピストのみを厳選。

②「癒し」と「興奮」が交錯するストーリー性のあるサービス。

③現状にとどまらず時代に合わせ、「進化・挑戦」いたします

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

アネステ梅田店の場所

大阪市北区兎我野町10-6 平田第2レジャービル209号

兎我野町での待ち合わせorデリバリーに対応しています。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

アネステ梅田店の営業時間・料金・予約方法

営業時間

AM10:00~AM5:00

料金

待ち合わせ価格

  • 待合60分 9,000円
  • 待合80分 13,000円
  • 待合100分 17,000円
  • 待合120分 21,000円
  • 待合150分 27,000円
  • 待合180分 33,000円

デリバリー価格

  • 80分 17,000円
  • 100分 21,000円
  • 120分 25,000円
  • 150分 31,000円
  • 180分 37,000円

※指名料・交通費・その他オプション代別途

※180分以上のコースもございます。ご希望をお申しつけ下さいませ。

オプション料金

  • 1.トップレス・ソフトタッチ 3,000円
  • 2.キス  2,000円
  • 3.スキンフェラ 3,000円
  • 4.前立腺マッサージ 1,000円
  • 5.マイクロビキニ 2,000円
  • 6.ノーパンパンスト(待ち合わせのみ) 2,000円
  • 7.デンマ(待ち合わせのみ) 3,000円
  • 8.お遣いサービス 無料
  • 9.お風呂サービス 無料

トップレス・ソフトタッチの場合、上半身裸、胸へのタッチ、乳首舐め、パンツの上からのタッチが可能となります。

※マイクロビキニ及びお風呂サービスを選ばれる場合は、トップレス・ソフトタッチオプションが必須となります。

予約方法

電話:06-6361-7780

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

アネステ梅田店の嬢のレベル、おすすめ嬢

ロリータからセクシー系まで、20代後半から40代前半まで数多くの嬢が在籍している上に、現在非常事態宣言下での営業ということで、店舗受付を中断して谷九梅田十三と合同で待ち合わせ及びデリバリー形式に移行しているので、更に嬢の数は多くなっているから選択肢は増大していると思います。

然し基本的に隣のお姉さん路線なのでゴージャス感や極嬢感を求めるのなら限界があると思います。

中の中から上の中辺りと考えるのが妥当かと思います。

アネステ梅田店のおすすめ嬢

  • りこ
  • まりな
  • なつみ
  • ゆき
  • うの
  • かのん
  • こまち
  • みく
  • みずき
  • りん
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

アネステ梅田の基盤(本番)情報

基盤嬢は在籍してるようですが、特定出来ません。

大阪の風俗店の体験談、多数書いていますので参考にされて下さい。↓

大阪リッチドールパートⅡの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

「秘書の品格」大阪ヘルスの評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

難波OLの品格の評判・口コミは?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

大阪グッドチョイスの口コミ評判は?おすすめ嬢や料金を体験談から解説

アネステ梅田の体験談

アロマエステM性感なるものが登場したのほ2010年代初頭。

リーマンショック直後癒しがテーマの風俗が流行るのは必然。

社会がギクシャクしている時勢に一気に増殖します。

バブル経済崩壊後、奥様熟女風俗が一世風靡したのも世間が癒しを求めたからです。

会社の都合上長期出張を含めて職場がコロコロ変わっていた時期に癒しを求めてアロマエステM性感を多用していました。

エステと名を打ちながら、場合によっては結構濃厚なプレーに発展することがままあるこのシステム、それならばとオプション化してサービス重視するタイプとエロ系サービスはハンドオンリーで着衣というコストと嬢質重視のタイプに二分されますが、現在はサービスタイプが8割でコストタイプが2割といったところでしょうか。

そんなサービスタイプのお店の代表格がアネステ梅田店です。

お相手頂いたエステ嬢はこの方。

なみ[32歳]

血液型:O型

T168・86(C cup)・58・87

スレンダーで、何処か親近感を感じさせる隣のお姉さん的美人のなみ嬢。

着衣ハンドオンリーのお店にいても不思議でないクオリティですが、なんとオプションは以下の通り。

なみさんにできるオプション

〇:①ディープキス

○:②スキンフェラ

×:③水着

○:④ノーパンパンスト

○:⑤スマートワンド(電マ)

○:⑥前立腺マッサージ

○:⑦お風呂ローション

○:トップレス

○:ソフトタッチ

×:3P対応

トップレスとソフトタッチ込みのコースに①②⑥とオプションを付けて、これは指名しない手はないとアポ取りします。

兎我野町のほぼ中央にある、風俗通なら誰でも良く知っている雑居ビルにある受付で料金を払い公衆衛生トリートメント後に嬢と一緒に近隣のホテルへ同行するシステムです。

エレベーター前で嬢を待つ間がなんとも言えず胸高鳴ります。

プロフィール写真から凡そのイメージは掴んでいても対面時の衝撃は♂の本能を直撃します。

僕の場合風俗遊びの魅力の30%はこの対面時にあると言っても過言ではありません。

真っ直ぐ此方に歩んで来た長身の美女は清潔感のある白いサマーセーターと濃紺のタイトスカートを着こなしていました。

温和な笑顔と白い肌。

目立つタイプではないですが、明らかに美形のフェイスとタイトスカートから伸びる美脚の素晴らしさに当りを確信します。

なみ嬢「こんにちは。」

僕「あっはじめまして。」

いい歳して緊張してしまいます。

なみ嬢の月並みな言い方で恐縮ですが、透明感は極々自然な振る舞いから発せられるので、中々風俗マニアのオジサンは対処に苦慮してしまうのです。

この嬢を風俗嬢の文脈に落とし込んで認識するのが、凄く難しいのです。

然し、細く長くしなやかな指先の割には肉感的な二の腕を視線の片隅でしっかり捉えているヴエテラン風俗マニアである自分も見失っていないのです。

これはお尻から大腿部がしっかり肉感的なタイプで第一印象よりセックスアピール期待出来るパターンだなと、内心ほくそ笑みました。

そんなドス黒い風俗マニアの心情など何処吹く風と、軽やかにエレベーターのボタンを押して、「どうぞ。」と招きいれてくれる素敵なお姉さんに目眩がします。

ホテルへの路中、色々と話しかけて頂きましたが内容覚えておりません。

失礼のない対応で精一杯でした。

ホテル代を払い、入室。

新築のシティホテル型ラブホで、ギミックなしの機能オンリーの部屋ながら、浴槽は円形で結構広く深い造り。

バスプレー出来そうです。

入室の連絡を入れながら、バスルームに消えるなみ嬢。

暫くすると、「脱衣して、どうぞ。」と招き入れられます。

中々スピーディーな展開に若干戸惑いながら全裸でバスルームへ入室。

「歯磨きお願いします。」とすれ違い様に微笑まれて退出されるなみ嬢。

なんだ、バスプレー無しかと失望しながらシンク見つめてで歯磨きなどしている僕の背後に人の気配。

鏡に映る黒いTバックトップレス姿のなみ嬢の衝撃的なセクシーオーラに固唾を呑みます。

そのまま浴室に優雅に消えるなみ嬢。

すれ違いに僕のお尻をソフトタッチしてくれる憎い演出に一物もハネアガリます。

入念に歯磨きして、徐に浴室へ。

薄暗い浴室で、水滴が流れる乳白色の背中を向けたなみ嬢がTバックを履いたままシャワーを浴びていました。

もう既にテンションマックスなので、そのまま一気に距離を詰めます。

さして意外でもないのか、自然に振り返り

そのままキスをして、舌を絡めます。

初対面から、いつも温和な笑みを絶やされないので物憂げな表情がやたらとセクシーです。

白く滑らかな首筋に舌を這わしながら、乳首をフェザータッチすると、ビクッと痙攣されます。

乳首が性感帯のようです。

決して巨乳ではないですが、形のいいロケット型に突き出した微乳を丁寧に舐めあげながら、乳首を優しく摘まむと、甘い吐息が漏れます。

濡れた白い肌はエロスの極地。

執拗に薄いピンクの隆起した乳首を吸いながら、ヴァギナを黒い濡れたTバックの上からまさぐると、一瞬ローションかと思うほどに粘り気のある愛液が滴ります。

そのまま、指先を挿入。

クリトリスをなぶろうとした矢先に嬢のしなやかな指が私の一物に伸びて、僕の亀頭にボディソープを優しく刷り込みます。

「あっ、あう。」悶えたのは僕でした。

いきり立つ♂をカウンターする術を、この爽やか美人姉さんはお持ちのようです。

なみ嬢の鎖骨に顔を埋めて悶えるMの本性を露にした僕の首に手を廻して正面を向かせて、少しかがみながら、手こき&寸止めを繰り出されます。

裏筋を微妙に外す熟練痴女の技を使い、完全にプレーのイニシアティブを取ったなみ嬢は爽やか美女の仮面を脱ぎ妖艶な表情で耳元で囁かれます。

「このままいかせて欲しい?それともベッド行く?」

必死で気を逸らすも、もはやドーパミン分泌組織の側座核に神経毒を注入されたマゾは言葉を失っているので、とろんとした視線を投げ掛けるしか出来ませんでした。

少し首を捻って、了解したなみ嬢はシンクで保温していたローションを手に戻って来ました。

軽く振って、イヤらしい匂いのする一物にローションをたっぷりと垂らして、二三回しごかれます。

そのまま、一物を握りながら僕を浴槽へと導き沈めます。

なみ嬢「腰を浮かして、その硬いのを水面から突き出して。そう、いい子ね。」

そして、ローションを片手に溜めて、片方の手で僕の腰を支えながら、容赦ない高速手こきを施術されます。

当に放出する寸前、なみ嬢は思い出されて手を止めます。

「オプションにスキンフェラ入れられてましたよね?二回イケる方ですか?」

かぶりをふる僕。

なみ嬢「すいません。つい調子に乗ってしまいました。ローション洗い流してベッドで待っててください。マッサージからしますから。」

僕「でも、こここうなってるんで性感からお願いします。」

なみ嬢「わかりました。」と爽やかな笑みを反されます。

ベッドで待つこと数分。

なみ嬢は薄暗い方がよりセクシーと思い、照明を落として、微かな自然光が部屋に射し込むようにブラインドを降ろして雰囲気を作ります。

バスタオルを巻いて登場したなみ嬢、直ぐに空気を読んで、タオルを落として裸を晒してくれます。

なんと、全裸。

こういう演出を赦されるのは美女だけです。

持っていたローションの容器をベッドに投げ捨て、女豹のようにベッドに滑り込んで来ます。

ローションを口に含み、絶硬直の僕の一物に垂らします。

そのまま、舌を捩じ込まれながら亀頭をフェザータッチされます。

悶える僕の耳元でまたも妖艶に囁きます。

「激しいの好きよね。」

そのまま乳首を貪るように愛撫されながら、手こき寸止め、裏筋寸止め、と繰り返されてはマゾなぞ一溜まりもありません。

仰け反りながら、射精しました。

白濁が肩にかかりましたので、真底いったみたいです。

性的嗜虐に火がついた感のあるなみ嬢。

「まだ、硬いから二回イケるわよ。」

と一物を放しません。

徐に指サックを取り出してローションを塗布して、アナルを探ります。

何度か周辺をまさぐった後、長い指を挿入されます。

何回か出したり入れたりした後、「此処でしょ。」と前立腺を捉えます。

そしてスキンを口に含み、まだ硬い僕の亀頭にフレンチキスすると、そのまま口に含まれます。

フェラされながら、前立腺を犯される経験は長い風俗経験の中でも初体験です。

前立腺のこみ上げてくる快感が、鈍痛のように亀頭に伝わり敏感になります。

スキンフェラチオだったのでなんとか耐えましたが、容赦ない手こきを食らってたら射精しないまでもアクメしてたでしょう。

♂をいかすのは♀にとって簡単なのです。

此が♂のマゾヒズムの根源です。

やがて、僕の悶える声に性的興奮が頂点に達したのでしょうか、フェラチオを中断したなみ嬢はローションをヴァギナの奥ととクリトリスに刷り込み、クリトリスを一物に当てて素股をされます。

ローションをヴァギナの奥に注入したのは補給用です。

こんな爽やかな美女が此所まで性に貪欲なのは中々戦慄します。

そして、腰を振りながら僕に覆い被さって硬く勃起したピンクの乳首を顔に近づけます。

「きつく吸って。」

半起きの体勢で嬢の乳首を舐め回しながら、僕も腰を突き上げます。

「あっ、当たってる。クリトリいい、そこいい、吸って乳首吸って。あん、気持ちいいからそこ、イク、イク。」と仰け反られます。

一回いって結構醒めてたのですが、なみ嬢のこの痴態には再び興奮します。

僕が珍しく二回目の絶頂を迎えた少し後に、「ふー。」と肩を落としてアクメしたようでした。

マッサージしないと怒られるからということで施術を受けます。

でも肩に来た処でタイムアウト。

一物も硬いけど身体はもっと固いとの事で、一度整体行ったほうがいいかもとの事でした。

まあアロマエステ性感行くといつも云われるので、「なみさん今度施術して。」と返すと「今度はマッサージだけね。」と仰られるので、「それは無理。」と背中にキスをすると、とても恥ずかしそうにされるのでした。

素に戻ると、心根の優しい普通のお姉さんなのです。

アネステ梅田店のまとめ

やはり、growup系の店舗は大手だけあって嬢質に期待出来ます。

今回お相手して頂いた嬢も、巨乳ならハイスペックを売りにする一回50000円以上の有名処の高級デリヘルでも充分やっていけるレベルです。

そんな極嬢と濃厚プレーが30000円前後の料金で可能ならば、風俗マニアなら押さえなければならないと思います。

現在でもエステ性感は癒し系風俗として隆盛しておりますので、風俗の他カテゴリー及び水商売系から良質な嬢の流入は盛んなのではと思いますし、実際僕の知る限りでも人気ホテヘル嬢が転職?されている例が三件ほどあります。

また、昼間は女性用エステでトリートメントの技を磨き、夜間は殿方相手にそれ+αのサービスで稼ぐというのは、セラピスト職女性の極めて効率的なW-workである事は云うまでもないので、やはりエステ性感系の店舗にはグラマラスな陣容を誇る店舗が多数です。

この分野で、資金を投入して馴染みの嬢を確保することは価値があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です